• 黒田研二

『青鬼 真夜中の地下病棟』

ひろしたちの小学生時代を描いたジュニアシリーズ第3弾『青鬼 真夜中の地下病棟』(PHPジュニアノベル)が発売されました。

今回の舞台は夜の病院。シリーズ史上最大級の青鬼が登場します。


今作からみんなの服装が変わりました。

表紙を飾るのはひろしとたけし。

お買い上げいただいたあかつきにはぜひ、帯を外してみてくださいね。

新たな発見がありますので。

カバー折り返しのイラスト(伏字ありのカルテ)カルテ)も、おどろおどろしい雰囲気で気に入ってます。

ちなみに、伏せ字の内容は本書を読んでいただければ、すべてわかるようになっておりますので、そちらもお楽しみに。


ジュニアシリーズでは毎回、ゲームでは見かけないシチュエーションを意図的に盛り込んでおります。

1作目はタケルの存在が。

2作目では主要キャラ全員が最後まで一緒に行動をとることが。

さて、3作目に盛り込んだ趣向はおわかりになるでしょうか?

ある意味、「青鬼」の根本的なところを覆しております。


そんなわけで皆様、シリーズ最新刊をどうぞよろしくお願いいたします!




0回の閲覧